オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

リフォーム、建築工事でよく使用される単位の説明です。 mm、寸、尺、㎡、坪、㎥とは?


単位がわからないとイメージできない!

建築工事の見積りや家の図面など、数字が読めても単位が分からずイメージしにくいことが多々あります。
そんなストレスを少しでも解消するために、下記の表を参考にしてみてください。
mm(ミリメートル)
長さの単位です。
1000mm = 1m(メートル)
こちらは比較的普段から使うと思いますが、
建築業界では、長さは主にこの「mm」を使います。
建築図面など、数字のみで単位の記載がない場合は、
ほぼ「mm」だと思って間違ありません。
寸(すん)
日本特有の長さの単位です。
1寸=およそ3cmです。

主に「勾配(こうばい)」の大きさを表す際に使用します。
尺(しゃく)
日本特有の長さの単位です。
1尺=およそ30cmです。
脚立、ハシゴの段数で「6尺の脚立」の様な呼び方をします。
㎡(へいべい、平米、へいほうめーとる)
面積の単位です。
1㎡=1m × 1mの正方形の面積です。
一般的に使用する面積の単位です。
坪(つぼ)
日本特有の面積の単位です。
6尺 × 6尺の面積です。
家や土地の面積でよく耳にします。

大雑把に言えば「畳2枚分」の広さですが、現在畳の大きさも様々なので正確ではありません。
㎥(りゅうべい、立米、りっぽう
めーとる)
体積の単位です。
1㎥=1m × 1m × 1mの箱(立方体)の体積です。
瓦、屋根、その他廃棄物の単位としてよく用います。
単位に限らず、リフォーム工事は解らない言葉でいっぱいです。
そんな時は、お気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668