オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

京都府木津川市でセメント瓦からカラーベストへ葺替えと雨樋交換


工事のきっかけ

住み始めて40年も経過しているが1度も住まいの点検をしていなかった事と、最近台風被害も気になっていたので、現在の屋根の状況が心配になり街の屋根やさん京都南店さんに調査を依頼しました。
近隣にお住いの方にも丁寧に施工説明の挨拶をしていただけた事が依頼の決め手となりました。

屋根葺き替え,雨樋交換,台風

ビフォーアフター

before
現地調査セメント瓦
horizontal
after
カラーベスト葺き完工

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,雨樋交換,台風
施工期間
3日
使用材料
カラーベスト
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
5年
工事費用
建坪
30坪
ハウスメーカー

現地調査に伺いました。

M邸宅に現地調査に来ました。
切妻屋根(きりつまやね)のお住まいがM邸宅です。
切妻屋根はとても親しみのある屋根の形ですね。
屋根の棟部に向かって2面の屋根平面部が合わさった山形の形状をした屋根です。
日本の住宅の半分くらいがこの切妻屋根を採用しています。
切妻屋根は傾斜角度の違う屋根面を繋ぎ合わせて出来る谷と呼ばれる箇所がなく、接合部が頂上の棟箇所だけになるので雨漏りに強いという利点があります。
現地調査セメント瓦
屋根の調査していきます。
この三角に見えるのが切妻屋根の妻部分です。
屋根がなく三角形の外壁が見えているのでケラバともいわれています。
屋根に守られていない為、外壁が風雨にさらされ外壁や破風板の劣化が早いこともあります。
定期的なメンテナンスが必要になります。
現地調査セメント瓦
屋根に登ってみると
下から見ていた時より
勾配が急な事が分かります。

現地調査セメント瓦
横から見た勾配角度です。
急勾配なのがよくわかりますね。
勾配角度が45度以上ありそうです。
45度の勾配を矩勾配(かねこうばい)と言います。

45度以上になると矩が返ると呼ぶそうです。
勾配がキツイので今回の調査は屋根に上らずに梯子をから調査していきます。
現地調査セメント瓦
セメント瓦の状態を点検します。
目立ったひび割れや欠けている箇所はありません。
全体的に劣化して傷んだ状態ですね。
現地調査セメント瓦
コチラは先程の妻側です。
屋根用語では袖と言います。
隣の住宅との隙間
お隣と隙間があんまりありません。

隣の住宅との隙間
反対側もあんまり隙間がありませんね。

劣化した雨樋
雨樋も劣化しています。
穴やひび割れなどはありませんでしたが
雨樋の為にまた足場を組んで補修工事となると
作業費用も余計にかかってしまうので、今回は雨樋の交換も一緒にご提案します。
足場を組むのにも費用が掛かるので、足場を組むタイミングで屋根、外壁、雨樋など交換補修出来るところは全部しておくことをお勧めします。

着工開始です。

セメント瓦めくり作業
まずは劣化したセメント瓦をめくっていきます。
瓦の土台となる横桟や下に引いてある防水シートも劣化が進んでいます。
防水シートが雨を吸い込んで変色していますね。
セメント瓦めくり作業
勾配がキツイのでめくった瓦がズレ落ちてこないように丁寧に重ねていきます。
横桟打ち直し
「セメント瓦」と「カラーベスト」では瓦の厚みが違うので、ニーイチの木材で高を調整します。
ニーイチとは縦横比率が2:1の木材の事です。
他にもサンイチ、サンゴイチなどもあります。
構造用合板張り替え
ニーイチで高さを調整した後は12㎜の構造用合板を貼っていきます。

軒先の雨仕舞
構造用合板を貼り終わると軒先板金で雨仕舞をしていきます。
屋根から流れてきた雨水を雨樋に排水する構造になっています。
板金の角度調整などは職人さんの手技の見せ所です。
軒先板金が終われば防水紙を貼ってい行きます。
防水シートアスファルトルーフィング
防水紙には改質アスファルトルーフィングを使用します。
軒先から棟部に向かって順番に防水紙の重なりに注意しながら貼っていきます。

防水シートアスファルトルーフィング棟部
棟部の防水紙です。
棟部は両屋根を跨ぐように防水紙を貼ります。
軒先から順に防水紙を貼っていくことで、屋根材の隙間から雨水が侵入した際に屋根内部に雨水が侵入するのを防ぎます。
カラーベスト葺き釘4本
カラーベストを葺いていきます。
しっかり釘4本で固定していきます。
カラーベストは釘4本打ちが基本です。
カラーベストの色はココナッツブラウンをお選びいただきました。
カラーベスト葺き
順に重なり合うようにカラーベストを葺いていきます。
カラーベスト葺き
カラーベストの目地が揃ってきれいな平面に仕上がっています。

カラーベスト葺き
棟の合わせ部までカラーベストが施工出来ました。
次は棟部の板金作業に移ります。
棟部貫板設置作業
棟板金の土台となる貫板を固定していきます。


棟部板金施工
棟板金が仕上がりました。
棟は家の一番高い箇所にあり、雨や風、自然だ以外の以外を受けやすい箇所なので定期的な点検をお勧めします。
強い台風が通り過ぎた時などは点検した方がいいですね。
板金巴箇所
切妻屋根の妻部分、ケラバ板金が終わると重ねて板金巴を取り付けます。
これで大屋根のカラーベスト葺きは終了です。
次は小屋根部分と雨樋交換作業です。
小屋根葺き替えセメント瓦めくり
小屋根部分も大屋根と同様に進行していきます。
まずは古いセメント瓦をめくって
ニーイチで高さを調整していきます。
小屋根構造用合板貼り
ニーイチで高さ調整したら構造用合板を小屋根の形に合わせてカットして貼ります。
小屋根アスファルトルーフィング
防水紙改質アスファルトルーフィングを貼っていきます。
外壁との取り合い部は、外壁側に高さを出して防水紙を貼ることで小屋根と外壁のつなぎ目からの雨水に侵入を防ぎます。
小屋根カラーベスト葺き
大屋根と同様に小屋根にもカラーベストを葺きました。
小屋根アスファルトルーフィング
外壁との境目は雨水が侵入しやすい箇所なので雨押え板金を取り付けます。
雨の侵入を防ぐために納まりがとても重要になります。
小屋根の葺き替えの完了です。

残りは雨樋交換です。
劣化した雨樋
コチラの劣化した雨樋を交換していきます。
新調した雨樋
屋根のカラーベストのココナッツブラウンにの色に合わせて、雨樋はオークブランに慎重しました。
これで今回のM邸宅の
セメント瓦からカラーベストへの葺き替えと雨樋交換が完工になります。
急勾配の屋根の場合は屋根に材料や道具を置きながら作業が出来ないので、作業に時間や日数がかかる場合があります。

【工事完了後】

カラーベスト葺き完工

同じ工事を行った施工事例

施工事例

京都府宇治市でルーガ雅へ葺き替え工事で弊社の働きを見て工事依頼いただきました。

葺き替え前の劣化した日本瓦
葺き替え完工のルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ケイミュールーガ雅
築年数
築年数35年
建坪
40坪
保証
7ねん
工事費用
180万円
施工事例

伏見区で風災で被害のある瓦屋根を陶器平板瓦に葺き替え工事しました

棟瓦
平板瓦
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
三州瓦 イーグルエクサ
築年数
40年
建坪
約45平米
保証
施工保証5年
工事費用
約80万円(足場代除く)
施工事例

京都府宇治市で凍て割れしたいぶし瓦補修工事と棟の積み替え

大棟破損部現地調査
大棟葺き替え完工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
50年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
80万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

シングル屋根葺き替え

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「築年数が25年を経過して周りの住宅も屋根の葺き替えなどを行って...........

棟板金解体

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「築年数が30年ほど経過して、現在は雨漏りは発生していないが今後...........

劣化した釉薬瓦

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府宇治市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「天井に雨染みがあるので雨漏りしているかも知れないので見に来て欲...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668