オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

京都府木津川市で和瓦からリッジウェイ葺き替えガラスウール仕込み


工事のきっかけ

大雨の日に2階で雨漏りが発生し、一度点検をして欲しいと街の屋根やさん京都南店に依頼がありました。
点検したところ全体的に劣化が進んでおり部分補修が難しい状態だったので葺き替えをご提案しました。
2階の部屋が暑いとお伺いしたので、隣接する屋根と嵩の違いを利用してガラスウールんの断熱材を仕込みをご提案致しました。

木津川市 屋根葺き替え,棟板金交換,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
劣化した和瓦屋根
horizontal
after
リッジウェイ葺き替え

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,棟板金交換,雨漏り修理
施工期間
2日間
使用材料
旭ファイバーグラスリッジウェイ
施工内容その他
築年数
50年
保証年数
5年
工事費用
28万円税抜き
建坪
15坪
ハウスメーカー

現地調査に伺いました。

2階の部屋で雨漏りが発生したと点検依頼がありました。
早速雨漏り箇所の確認です。

雨漏り箇所
2階のさお縁天井に吊るされた吊り下げ照明横に雨染みを発見しました。
さお縁に添って広範囲に雨染みがみられます。
屋根に上って原因を調査していきましょう。
劣化した釉薬瓦
梯子から覗いたアングルです。
オレンジ色の釉薬瓦の屋根です。
色の変色や瓦が欠けているのがみられます。

IMG_9087-e1598255231311
近づいてみると凍て割れで瓦が欠けている箇所が目立ちます。
凍て割れとは釉薬瓦の裏側に防水機能は無く雨水がしみ込んでしまい冷え込みなどで気温が下がった時に凍りつきます。
気付かぬうちに凍結融解作用を繰り返し凍結膨張して瓦が割れてしまう現象です。
劣化した釉薬瓦
コチラも激しく凍て割れしています。
破片が見当たらい事から、風の強い日に飛散していったと考えられます。
破片が飛んで人的被害に繋がる可能性もあるので注意が必要です。

ラバーロック工法された釉薬瓦
隣接する屋根の棟付近は瓦のズレを防ぐためにラーバーロック工法(瓦と瓦をコーキング剤などで結合、固定させること)が施工されていました。

面戸漆喰剥がれ
棟の面戸漆喰も経年劣化で剥がれ落ちています。
日常生活の中で屋根って頭の上にあるのであまり気にしていませんが、知らぬ間にドンドン劣化が進んでいくものですね。
ズレた巴瓦
巴瓦も度重なる強風の影響か目視で分かるほどズレていますね。
ケラバの瓦もコーキングで補強してありました。
全体的に劣化が進んでいて部分補修が難しいので葺き替えをご提案しました。
お話しの中で2階の部屋が暑いとも言われていたのでガラスウールの断熱材も施工させていただくことになりました。
葺き替える屋根材は耐久性に優れデザイン性に優れたリッジウェイをご提案致しました。

施工開始です。

地瓦を撤去していきます。
施工開始です。
劣化した地瓦の撤去を行うと葺き土が現れました。
葺き土は土葺き工法で使用される粘度の高い土で明治から昭和初期まで主流だった工法です。
近隣に飛び散らないように丁寧に葺き土を撤去していきます。

地瓦の撤去作業
撤去する葺き土は土嚢袋に詰めていきます。
屋根に敷かれている葺き土集めて土嚢袋に詰めると土の量の多さが分かります。
これだけの量の土と瓦が乗っていると屋根がとても重たいですね。
葺き土の清掃作業
葺き土の撤去が終わると和瓦と薄いリッジウェイでは屋根材の厚みも違うので下地の嵩増し作業を行います。
ニーイチで嵩上げ
屋根のサイズの合わせカットしていきながら下地木材を打ち付けてい行きます。
写真の右上の隣接屋根部分を見ると、隣の屋根との嵩の違いが良く分かります。
この嵩の違いを利用して今回は断熱材を施工します。
ニーイチで嵩上げ
均等間隔で下地木材が打ち付けられました。
次は断熱材を重ねて設置していきます。
屋根剤断熱材
断熱材はガラスウールを使用します。
ガラスウールはガラスが主成分で地球にやさしい素材で断熱性、保温性、吸音性に優れています。

屋根断熱材
断熱材を屋根全体に均等に敷き詰めると、構造用合板で閉じ込めていきます。

構造用合板の施工
屋根前面に構造用合板が貼り終わりました。
写真の右上を見ると既存の下地を撤去した時と比較すると、隣の屋根との嵩の差がなくなっている事が分かります。
これで厚みの少ないリッジウェイに葺き替えても不陸なく馴染みますね。
改質アスファルトルーフィング
構造用合板が貼り終わると防水紙を施工します。
屋根材から万が一雨が浸透しても防水紙が2次防水として室内に雨が浸入して来ないように防いでくれます。
防水紙には温度変化に強く耐久性に優れた改質アスファルトルーフィングを使用します。

棟先リッジウエイ葺き替え
前面に防水紙を貼り終わると軒先から順に旭ファイバーグラスリッジウェイを葺いていきます。
写真の通りリッジウェイの厚みが薄いのが分かります。
屋根の軽量化で家屋の重心が下部に下がるのでコレで耐震効果も万全です。
リッジウエイ葺き替え
棟部まで葺いていくとリッジウェイ独特の2層構造と粒状彩色石のランダムなグラデーションが美しく見とれてしまいますね。
棟貫板
棟包み板金の下地貫板を設置します。
棟部分は雨風を強く受ける箇所なのでしっかりと固定します。
隣接屋根取り合い
隣接する屋根の取り合い部の雨が隙間から浸入して来ないように板金処理していきます。
隣接する取り合い板金
隣接する取り合い部の板金仕舞が終わり棟板金を設置し作業完了となります。
リッジウェイ葺き替え
和瓦からリッジウェイ葺き替えガラスウール仕込み作業が終わりました。
やはりリッジウェイはグラデーションがキレイですね。

今回は経年劣化で凍て割れした瓦の葺き替え工事でした。
施工後も隣の屋根との色馴染みも良くお施主様も満足されていました。

【工事完了後】

リッジウェイ葺き替え

同じ工事を行った施工事例

施工事例

京都府宇治市でルーガ雅へ葺き替え工事で弊社の働きを見て工事依頼いただきました。

葺き替え前の劣化した日本瓦
葺き替え完工のルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ケイミュールーガ雅
築年数
築年数35年
建坪
40坪
保証
7ねん
工事費用
180万円
施工事例

伏見区で風災で被害のある瓦屋根を陶器平板瓦に葺き替え工事しました

棟瓦
平板瓦
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
三州瓦 イーグルエクサ
築年数
40年
建坪
約45平米
保証
施工保証5年
工事費用
約80万円(足場代除く)
施工事例

京都府宇治市で凍て割れしたいぶし瓦補修工事と棟の積み替え

大棟破損部現地調査
大棟葺き替え完工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
50年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

京都府木津川市で工場の雨漏りした外壁スレート材補修と水切り板金交換

倉庫ケラバ損傷箇所
板金水切り補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
工場
使用素材
スレート材と板金仕舞
築年数
築45年
建坪
60坪
保証
5年
工事費用
84万円税抜足場込み
施工事例

京都府木津川市で和瓦(釉薬瓦)からスーパーガルテクトへ葺き替え

棟違い釉薬瓦
スーパーガルテクト葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
施工事例

京都府木津川市でカラーベストからカバー工法でスーパーガルテクトに葺き替え

カラーベストに付着したカビ
スーパーガルテクトカバー工法
工事内容
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
24坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したシングル屋根

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府宇治市に伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「アスファルトシングルで葺いた屋根の破片などが剥がれて落ちてきてお...........

部分葺き替え工事

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「下屋根から雨漏りし始めたから点検して欲しい」です。日程の調整を...........

瓦の葺き替え瓦の撤去

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「築年数40年以上も経過したが、まだまだこの家に住むので葺き替え...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668