オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

長岡京市で土が溜まった樋清掃及びポリカ波板の張替え工事


波板

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。

本日ご紹介するのは、長岡京市でのベランダ波板張替工事になります。

写真は撤去後になります。

こちらを今回はクリア(透明)色で交換させて頂きます。

波板

先ほどの反対面の端になります。

今回の波板はアルミフレーム製に取り付けるタイプになります。

アルミの場合と木製の場合では固定する部材が変わってきます。
波板

撤去後にまず目に付いたのが波板の樋部分に溜まった土とコケです。

これでは満足に雨が流れてくれません。

放置しておきますと、オーバーフローといって雨が溢れてしまう可能性があります。

まずはここの清掃から始めます。
樋掃除

清掃が完了しました。

本来の綺麗な状態に戻りました。

これでしっかりと雨の排水が出来ると思います。
波板掃除

こちら側もしっかりと掃除をしました。

この掃除をしておかないといくら新しい波板に交換したからといっても安心できません。

お客様には見えない箇所ですが見て見ぬふりは絶対に出来ません。
波板張替

清掃後に新しい波板材の施工を行います。

アルミフレームのサイズに合わせて商品を用紙できたのではめ込んでいきます。

規格サイズと異なる場合は1サイズ大きいものを用意し現場にてカットしてから施工をします。

また固定する部材は等間隔でしっかりとはめ込んでいきます。
波板張替

反対側も完成です。

今回の波板フレームはアルミのものでしたので、波板の固定にはカーボフックのクリア色を使用しました。

まずは波板に下穴を開けてフックを通してアルミ材に引っ掛けて固定を行うものになります。

またフックにはスポンジのパッキン材がついており、フック箇所から雨が入りにくい仕様となっています。

フレームが木材の場合ですと波板用ビスを使用し固定をすることになります。

こちらのビスにもパッキン材がついているのもになります。

これで波板張替は完了となります。


街の屋根やさん京都南店では瓦屋根、金属屋根、雨樋工事はもちろんのこと今回の波板工事も行っております。

屋根に関することなら何でもご相談下さいませ。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

京都府和束町で風災被害で瓦がズレ火災保険適応の葺き替え工事

現地調査
棟包み板金
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
火災保険
使用素材
ファイバーグラスシングルリッジウェイ
築年数
約30年
建坪
17坪
保証
5年
工事費用
70万円

同じ地域の施工事例

施工事例

京都府長岡京市で台風被災した賃貸物件のリッジウェイ葺き替え工事

棟板金が剥げれ損傷している
棟板金完工
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
使用素材
旭ファイバーグラスリッジウェイ
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668