オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

京都府八幡市で経年劣化で剥がれ落ちてしまった面戸漆喰の詰め直し工事


棟瓦漆喰詰め直し


こんにちは。
街の屋根やさん京都南店です。
本日のブログは漆喰の詰め直し工事です。
京都府八幡市にお伺いいたしました。

インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。

ご依頼の内容は「屋根からポロポロと白い塊が落ちてくるようになったので点検に来て欲しい」でした。


石やコンクリートみたいな塊が屋根の上に乗っかっていたり地面に転がっていたりら、剥がれ落ちた漆喰の症状の疑いがあるので早速現地調査していきます。




屋根の修繕工事は私たち街の屋根やさん京都南店にお任せください。
ここまでやります無料点検 ⇐是非ご覧ください。




漆喰の撤去

屋根面が合わさった一番高いところが棟(むね)と言います。
平らな瓦を積み上げて高さを出していたりします。

直線の棟と波打った形状の瓦では隙間が生じてしまいます。
その隙間を埋めているのが漆喰です。



漆喰は調質性があり水分を吸収したり放出したりしています
施工後長期間経過すると徐々に硬くなってしまいます。

硬くなると漆喰と葺き土に隙間が生じて徐々に漆喰が、台風などの強風や地震によって瓦が揺れたりして漆喰が劣化して割れたりします。



漆喰が剥がれてしまうと屋根の隙間から雨水が浸透し雨漏りが発生します。
漆喰の傷みが軽度な場合、劣化した部分を取り除き、詰め直します。瓦が一部、割れてしまっている場合は部分交換をします。
大規模ではないので、工事というよりも補修といった感じです。この程度の不具合でしたら、費用もお安く済みます。

漆喰詰め直し

今回、漆喰として使用するのはシルガード呼ばれる南蛮漆喰です。 シルガードは馬場商店さんより発売されている「南蛮漆喰」です。
漆喰詰め直し作業


漆喰の耐用年数は20年程度で、今回のように見える劣化がなかったとしても経年で徐々にひび割れや剥がれが起こります。
今現在、不具合がないという方でも新築から20年程度が経過し、一度も詳しい点検をしてこなかったという方は専門業者に見てもらうことをお勧めします。






同じ工事を行った施工事例

施工事例

京都府宇治市で凍て割れしたいぶし瓦補修工事と棟の積み替え

大棟破損部現地調査
大棟葺き替え完工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
50年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

京都府八幡市でマンション屋根のスーパーガルテクトカバー工法

現地調査画像
スーパーガルテクト完工
工事内容
屋根カバー工事
マンション
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
43年
建坪
45坪
保証
5年
工事費用
110万円税抜

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

右袖いぶし瓦

今回のご自宅は築40年のご自宅です。全体的には綺麗な状況を保てているご自宅でした。その中で今回は瓦の割れている箇所などの修繕工事をお任せ頂きました。
右袖の瓦が2枚完全に割れておりましたので2枚差し替え工事を行います。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668