オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

城陽市で経年劣化したカラーベスト屋根のカバー工事


工事のきっかけ

中古物件購入にあたり、屋根工事を含めた全面リフォームをご希望のお客様より現地調査のご依頼。

屋根カバー工事

ビフォーアフター

before
ガルテクトカバービフォー
horizontal
after
ガルテクトカバーアフター

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事
施工期間
3日間
使用材料
スーパーガルテクト
施工内容その他
築年数
30年
保証年数
工事費用
建坪
20.4
ハウスメーカー
中古物件購入にあたり、屋根工事を含めた全面リフォームをご希望のお客様より現地調査のご依頼を頂きました。
建築年数からして屋根の劣化が進んでいることはお客様も理解されており、屋根の全面工事を念頭においてのご依頼でした。
外観ビフォー
屋根の現地調査は基本的にハシゴをかけて実際に屋根の上に登ります。
後に記載しますが「ドーマー」が付いています。
カラーベスト浮き

カラーベスト割れ

お客様の想像通り、経年劣化の進んだカラーベスト屋根でした。
カラーベストの汚れはもちろんですが、カラーベストの変形による「浮き」や「割れ」も見られました。
現状で雨漏れは無いとの事でしたが、このまま劣化が進むと雨漏れにも繋がる悪い状況です。
朝日ソーラー
朝日ソーラー(太陽光温水器)が設置してありました。
屋根工事前には撤去が必要になあるので、大きさを測り撤去方法なども想定しながら現地調査を進めます。
ドーマー1

ドーマー屋根からアングル
正面の 軒部分が「ドーマー」形状になっていました。
「ドーマー」が付いていると、谷板金、棟板金、ケラバ板金が追加で必要になります。
また、工事の各箇所は雨漏れの原因となり易いので施工時にもいつも以上の注意が必要です。
ベランダ文字
裏の下屋根にはベランダが設置してありました。
屋根の上に乗っているタイプのベランダなので工時には一時撤去が必要です。
また、家の裏手に設置してあるので一時撤去時の搬出経路も同時に確認します。
取り合いビフォー
両隣の家との間が150mm程度でした。
現場では150mmの間を板金で蓋をして状態にありました。
これは、隣の家とお互いに家の間への雨の進入を防ぐための処置だと考えられます。
今回の工事でも同じ方法で施工することになありますが、厳密には隣人の家を触ることになるので、
事前に隣人の方の了解を得てから工事に入ることが大切です。
無許可での工事はトラブルの元になります。初回訪問(現地調査)の時点でトラブルの元になる内容をチェックすることは、
問題のない円満な完工にも繋がります。
城陽経路
家の形状から、裏の下屋根への職人の経路は、家の中からの方がスムーズだと判断しました。
家の中を通る際に壁、床などを汚すリスクがある為、内装工事より前に屋根工事の工程を組みました。
カラーベストに限らず多くの建築資材には「アスベスト」が含まれていました。
「アスベスト」の健康被害が問題視させれてから新たに製造された材料に関したは、アスベストの含有は無くなったのですが、
現在すでに使用されている材料に関しては、まだまだアスベストが含まれたものが多くあります。
「アスベスト」は専門業者を通しての放棄処分となりますが、
1現場毎に契約を行い、決まった手順に則って最終処分場へと送られます。
通常の工事廃材に比べて手間がかかり、それに伴って高額な費用がかかります。
上記に記載した高額な処分費を抑える為に「カバー工法」をご提案させていただきました。
カバー工法では
既存のカラーベストを撤去せずに、その上から
「防水シート」
   ↓
「新規屋根材(今回はスーパーガルテクトを使用)」
の順で施工します。
既存屋根材による防水効果も保ったまま施工できる為、
より雨に強い屋根を作る事ができます。

お客様に状況をご説明したところ、お知り合いの家で同じ工事をされていたとのお話も聞かせて頂きました。
大まかな内容はすでにご存知で、快く工事をさせていただく事が決まりました。
ガルテクトルーフィング荷上げ
既存カラーベストの上から直接防水ルーフィングを貼ります。
(上記写真では屋根材であるスーパーガルテクトをスゲに屋根の上に上げています。)
鋼板チップ
防水ルーフィングは、強力に止める為に「鋼板チップ」を当てて釘止めしています。
壁押え板金
表の下屋根は既存の外壁がモルタルでした。
壁押え板金を取り付け、壁との接着部分はあコーキング処理で防水しています。
帯状板金
こちらは裏の下屋根の壁際の施工写真です。
表の下屋根とは違って、既存の外壁が金属サイディングでした。
既存のサイディングと新規屋根材の間に帯状板金を差込み、内部で立ち上げることによって、
より防水効果を高める為に帯状の板金を差し込んだ後に、コーキング処理をしています。
取り合い完成(虹)
お隣との間を埋めていた板金も新しく交換をしました。
綺麗な仕上がりに自然と虹もかかりました。
棟完成2
棟部の完成です。
棟完成
棟板金も綺麗に取り付けできています。
下屋根完成
裏の下屋根です。
お隣との間も板金で塞いでいます。
隣取り合い完成

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

京都府京都市南区で板金屋根のガルバリウム鋼板立平カバー工法

劣化した板金屋根
cbfd01145610517a5418f086f3c16ef8
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板立平
築年数
42年
建坪
15坪
保証
5年
工事費用
28万円税抜
施工事例

京田辺市で台風被害を受けたカラーベスト屋根のスーパーガルテクトカバー工事

施工前屋根画像
施工後 スーパーガルテクト
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
スーパーガルテクト シェイドグリーン
築年数
20年
建坪
75平米
保証
5年
工事費用
1,100,000円
施工事例

京都府宇治市で経年劣化したスレート屋根のカバー工法を行いました。

劣化したスレート屋根
スーパーガルテクトカバー工法
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築年数25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
お問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋根のカバー工法

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府宇治市にお伺いいたしました。以前に大屋根の葺き替えリフォームをさせていただいた住宅の下屋根の工事のお話をいただきました。再注文いただけるのは嬉しいですね。屋根の修繕...........

劣化して雨漏りしていコロニアル屋根

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府城陽市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容「築25年経過して一度も屋根の点検を行ってこなかったので一度点検に...........

雨漏りしている住宅

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現地調査と現場ブログです。京都府宇治市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「雨漏りが染みてきて内装のクロスが剥げれてきている」で...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668