オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

伏見区で風災で被害のある瓦屋根を陶器平板瓦に葺き替え工事しました


工事のきっかけ

風災により屋根瓦がベランダや敷地に落ちていることから被害を発見し、屋根の調査を行ったところ、思っていたよりも被害が大きかった事、今まで一度もメンテナンスしていなかった屋根の葺き替えを行おうと考え弊社にお問い合わせ頂いたことがきっかけで今回の工事を行うことになりました。

京都市伏見区 屋根葺き替え,足場

ビフォーアフター

before
棟瓦
horizontal
after
平板瓦

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,足場
施工期間
約1週間
使用材料
三州瓦 イーグルエクサ
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
施工保証5年
工事費用
約80万円(足場代除く)
建坪
約45平米
ハウスメーカー
地瓦
現状の破損してしまった地瓦です。棟瓦が崩れて滑り落ちてきた瓦により割れてしまっております。完全に粉砕しており、また瓦の下にある防水シートや下地の板まで見える状態になっておりました。もし雨が降れば二次被害で自宅内にも確実に雨が入ってしまう状況です。
棟瓦
現状の崩れた棟瓦になります。こちらは土台の土が完全に見える状態です。ここまま放置すれば雨漏れはもちろんですが、他の瓦も落ちる可能性があり瓦落下によるけがやご近隣の自宅にも飛散する恐れがありました。
このような状況を踏まえて、今回屋根の葺き替え工事を行うことになりました。商品は耐風、耐震、高耐久、そして瓦屋根の風合いを残せるものでご提案をさせて頂き今回の工事をご依頼頂くことになりました。
屋根瓦捲り
葺き替えの着工、瓦の捲り工事になります。瓦を撤去したのち、土の撤去、既存防水シートの撤去と順番で工事が進んでいきます。この工程の際には土埃がかなり立つため、お客様はもちろんのこと近隣住民の方々への事前の声掛けが必須になります。
屋根捲り後
こちらは左の工程(防水シートまで捲り)が完了し既存下地まで掃除を行い完了した状態です。ここから次工程に進んでまいります。
構造用合板
こちらは12ミリ厚構造用合板張り後の状況です。
右上の下地に構造用合板の増し張り工事を行います。
この構造用合板増し張り工事を行うことで新たに葺く瓦の下地補強を行います。


改質アルファルトルーフィング
こちらは改質アスファルトルーフィング(防水シート)張り後の状況です。
この防水シート張りを綺麗に行うことにより、もし瓦屋根から雨水が入った際にもしっかりと防水機能を果たし、自宅内への雨漏れを防いでくれます。
またこの防水シートにも種類があり、アルファルトルーフィング(高温で柔らかくなる、低温で割れやすい)ものとそれらを解消した改質アスファルトルーフィングがあり、弊社ではより長く状態の保てる改質アスファルトルーフィングを採用し工事を行わせて頂いております。
※今回の工事ではここまでが1日目になります
強化棟
こちらは棟(屋根の頂点)部分になります。
強化固定金具を取り付けたのち垂木(棟瓦を固定する木)を固定していきます。
水切り板金
瓦桟打ち及び袖瓦(屋根の横端)の板金工事部分です。
袖瓦を取り付ける際は瓦を葺く前に水切り板金を軒先(屋根の一番下)まで取り付けます。これにより雨が侵入した際も家内部への雨漏れを防止する役割を果たしてくれます。

この瓦桟及び板金取り付けが完了すると屋根葺き工事スタートとなります。
瓦桟
こちらは瓦桟打ち、瓦揚げ後の状況です。
今回の平板瓦は瓦桟掛け葺きと言い、横向きに打った瓦桟に瓦を引っ掛けてそこに釘を打ち地瓦を順番に葺いていきます。
ルーフィング
こちらは瓦を葺き始めたところです。
このように瓦には釘打ち用の穴が開いており、そこに釘を打ち地瓦を固定し瓦葺きを進めていきます。
平板瓦
地瓦葺き終盤の状況です。
何百枚とある瓦1枚1枚全ての瓦に釘を打ち全ての地瓦を葺いていきます。

※今回の工事ではここまでが2日目となります。

袖瓦
袖瓦取り付け場面になります。
地瓦が全て葺き終わりその後の工程となります。袖瓦は屋根の端部分になり風の影響を大きく受けるため、釘ではなくより強く固定できるビスを使い固定をします。このビスはパッキン付きステンレスビスといい、雨が直接当たる部分を固定する際に使用致します。
シルガード
垂木にシルガード(漆喰材)塗りの場面です。
前日に取り付けした垂木にシルガードを塗っていきます。
これは雨水の浸入を防ぐこととシルガードが乾き固まった際に垂木をより強く固定する役割を持っています。
※シルガードとは 石灰に炭酸カルシウムや砂、シリコンを含む防水材を混ぜ強度と耐久性を上げた漆喰材になります。
防災瓦

棟瓦
こちらの写真は完成写真になります。
棟瓦も袖瓦と同様に一本ずつビス留めを行い全ての瓦を固定して全ての工事が完了となります。
以前の瓦屋根(土葺き)とは施工方法も大きく異なり、耐震性、耐風性に優れ、そして高耐久性まで兼ね備えた陶器性平板瓦屋根の完成です。
後日、足場解体を行い全ての工事が完了となります。

【工事完了後】

防災瓦
棟瓦

同じ工事を行った施工事例

施工事例

京都府宇治市でルーガ雅へ葺き替え工事で弊社の働きを見て工事依頼いただきました。

葺き替え前の劣化した日本瓦
葺き替え完工のルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ケイミュールーガ雅
築年数
築年数35年
建坪
40坪
保証
7ねん
工事費用
180万円
施工事例

京都府宇治市で凍て割れしたいぶし瓦補修工事と棟の積み替え

大棟破損部現地調査
大棟葺き替え完工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
50年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
80万円
施工事例

京都府木津川市で和瓦からリッジウェイ葺き替えガラスウール仕込み

劣化した和瓦屋根
リッジウェイ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
旭ファイバーグラスリッジウェイ
築年数
50年
建坪
15坪
保証
5年
工事費用
28万円税抜き

同じ地域の施工事例

施工事例

京都府伏見区の住宅で和風デザインからリッジウエイでアメリカンスタイル

面戸漆喰剥がれ
リッジウェイ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
43坪
保証
製品保証10年 施工保証5年
工事費用
予算146万円 足場別

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したシングル屋根

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府宇治市に伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「アスファルトシングルで葺いた屋根の破片などが剥がれて落ちてきてお...........

部分葺き替え工事

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「下屋根から雨漏りし始めたから点検して欲しい」です。日程の調整を...........

瓦の葺き替え瓦の撤去

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「築年数40年以上も経過したが、まだまだこの家に住むので葺き替え...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668