オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

京田辺市 釉薬瓦からニチハ横暖ルーフへ葺き替え工事で軽量化に成功


工事のきっかけ

築50年の木造2階建てにお住まいで、屋根の重みで家が傷んでこないかと心配され、ホームページからお問い合わせをいただきました。
現状調査とお打ち合わせの中で、軽量化だけでなく断熱効果もご要望されていたのでニチハ横暖ルーフをご提案させていただきました。軽量化に加え、断熱効果で暮らしも快適になるということで、施主様もすごく納得下さり、弊社にご依頼くださりました。

京田辺市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
施工前 釉薬瓦屋根
horizontal
after
施工後 ニチハ横暖ルーフ

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
10日
使用材料
ニチハ横暖ルーフ
施工内容その他
築年数
約50年
保証年数
5年
工事費用
160万円
建坪
約120㎡
ハウスメーカー

現状は重たい釉薬瓦オレンジでした

施工前 釉薬瓦 大屋根
一日かけて足場を仮設します。 足場の仮設で瓦が割れてしまうとそこから雨が浸入する可能性があるため、オレンジ色の隙間部材を挟んで組みます。

現状は屋根が釉薬瓦で土も載っている為とても重くくた躯体に負担がかかっています。
施工前 釉薬瓦 下屋
今回、瓦の状態はそこまで傷んでいませんでしたが、築50年の木造住宅ともなると目に見えない躯体部分に負担がどんどんかかっています。
このままでは、地震が来たりした際に屋根の重みで潰れてしまうのではという不安を抱くお客様が増えています。

荷揚げ機の設置場所に立派な松の木!

松の木 荷揚げ機
屋根工事の際は足場だけでなく、材料や既存の瓦などを運搬するための荷揚げ機を設置します。今回、荷揚げ機を設置する場所に立派な松の木が植えてありました。松の枝を折らないよう最善の注意を図りながら設置し、作業中も傷めないよう松の木を固定しました。

大屋根の瓦撤去作業

大屋根 瓦捲り
はじめの工程はまず瓦を捲って撤去していきます。 初日は大屋根(2階の屋根)部分を撤去します。 瓦は滑って落ちないように裏返して写真のように積んでいきます。すると下から大量の土が現れます。 昔の屋根は瓦だけでなく、土も載っているのでとても重たいです。
大屋根 瓦捲り 棟
棟(屋根のてっぺん)の部分の棟瓦とのし瓦も撤去します。棟の部分は他のところよりも土が多く、土が瓦の上を滑って落ちないように順番に撤去していきます。 片面の瓦を捲ったら、反対の面も捲っていきます。

土も土嚢袋に詰めて撤去します

瓦撤去後
捲った瓦は、そのまま荷揚げ機に積んで少しずつ降ろしていきます。瓦を捲ると古い下地がむき出しになるため、万が一傷んでいると足が抜けてしまうため、垂木(たるき)というしっかりした躯体のところを歩きます。
瓦撤去後 大屋根
土は土嚢袋(どのうぶくろ)に詰めて荷揚げ機で降ろしていきます。土を撤去する際、砂ぼこりが立ちます。足場の防護ネットで近隣に飛んでいきにくくはなっています。それでも洗濯物を干していると、砂ぼこりで汚れてしまうので、事前に近隣住民の方に工事の案内をさせていただきます。

ルーフィングの撤去

ルーフィング撤去 大屋根
瓦と土を撤去すると下から古いルーフィング(防水シート)が現れます。こちらも撤去していきます。ルーフィングを撤去する際、屋根裏にできる限り土が落ちないように注意しながら丁寧に作業します。
ルーフィング撤去 土嚢袋
ルーフィングも土嚢袋(どのうぶくろ)に詰めて、ごみが散乱しないようにして、荷揚げ機で下に降ろします。

野地板に2×1材を取り付けます

野地板 大屋根
ルーフィングを撤去すると、野地板という下地が見えてきます。所々で野地板同士が重なり、段差になっている部分があります。そのままでは新しい屋根材を施工すると段差が出てしまうので重なりを丸のこぎりで撤去します。
桟設置
次に構造用合板を貼るために2×1材(19×31㎜)を等間隔で取り付けていきます。このように2×1材を打つことで断熱効果も高めたり、でこぼこしないよう不陸(ふりく)の調整をしたりできます。

下地材として構造用合板の打ち付け

構造用合板貼り
2×1材を設置したら、その上に構造用合板(コンパネ)を釘を打って貼っていきます。
構造用合板施工完了 大屋根
そのまま一枚で貼れないところは隙間がないよう採寸して、その大きさに切って貼っていきます。 これで下地はほぼ完成です。

改質アスファルトルーフィングの貼り付け 1日目終了

ルーフィング貼り 大屋根
下地の最後は改質アスファルトルーフィング(防水シート)を貼っていきます。ルーフィングは下から順番に貼っていきます。下のルーフィングに少し重ねて貼っていくことで雨の浸入を防いでくれます。
ルーフィング貼り完成 大屋根
ルーフィングを貼って下地は完成です。 ここまで施工するとほぼ雨が浸入してこない状態になります。
これで屋根工事初日の作業は終わりです。

下屋も同じように瓦撤去していきます

釉薬瓦 撤去前 下屋
屋根工事2日目は初日同様、下屋(1階の屋根)の瓦と土を撤去していきます。
釉薬瓦 撤去前 下屋壁際
下屋は壁と接しているので必要以上に壁を崩さないよう撤去していきます。
釉薬瓦 撤去前 下屋小
下屋は足場もあるため狭く、面積が大屋根より小さい割に作業に時間がかかります。

下屋の瓦撤去 壁際の隙間

瓦捲り 下屋
下屋も同じく瓦と土を撤去していきます。
下屋 ルーフィング撤去
大屋根と同じように土の下から古いルーフィングが出てくるのでこちらも撤去します。
下屋 壁際 隙間
壁際の瓦を撤去すると、壁の下地がむき出しになってます。このままだと雨が浸入するので後日、板金で塞ぎます。

下屋の下地施工

下屋 桟打ち
下屋も2×1材を等間隔で設置します。
下屋 構造用合板貼り
壁際も隙間のできないよう差し込んで貼っていきます。
下屋 構造用合板貼り 壁際
こちらも同じくしっかり壁際まで寄せて貼っていきます。

壁際はブルーシートで養生して2日目終了

下屋 ルーフィング貼り
最後に改質アスファルトルーフィングを貼って下地の完成です。
下屋 ルーフィング貼り 壁際
壁際は雨が降ったら、雨漏りをしてしまうので板金を貼るまではブルーシートで養生をしておきます。
これでこの日の作業は終了です。

ニチハ横暖ルーフ施工開始

ニチハ横暖ルーフ施工 大屋根
3日目以降は屋根材となるニチハ横暖ルーフを施工していきます。一枚の横幅の大きさが3030㎜もある材料です。しかし同じ面積の重さは瓦(土を含む)の6分の1以下ととても軽いです。
材料は荷揚げ機を使って屋根の上に運んでいきます。
ニチハ横暖ルーフ施工 大屋根
屋根材もルーフィングと同じく、雨が浸入しないように下の方から順番に施工していきます。この時、目地が上下で被らないように考えて貼ります。この目地が上下の段で同じところになると見た目がかっこ悪くなるので大切です。

棟板金の取付

横暖ルーフ施工 大屋根
一番上まで施工できたら残りの棟板金を取り付けます。
横暖ルーフ施工 大屋根棟
棟板金を取り付けるために下地に木材を釘で打ち、固定します。その上から棟板金を被せて完成です。

棟板金のつなぎ目 そして大屋根完成

棟板金 重なり部分
棟板金の繋ぐ目は雨の侵入を防ぐため、重ねて施工します。より雨の侵入や台風の時に飛ばされないようコーキングでしっかり固定します。
大屋根完成
棟板金を取り付けたら大屋根は完成です。

壁際水切り板金を取り付けます

下屋 水切り
下屋は壁際に隣接しています。そのため壁から流れてきた雨が隙間に流れないよう水切り板金を取り付けておきます。これがあることで屋根材の下に水が浸入するのを防ぎます。
下屋 ニチハ横暖ルーフ施工
水切り板金を取り付けたら大屋根と同様、下から順番に施工していきます。

壁際の板金加工と取付

壁際 板金取付
壁際の既存の水切りは撤去し、板金を立ち上げ壁との境目をコーキングで塞ぎます。
壁際 板金取付
山形になっている部分は板金を加工して関間のできないようにします。
壁際 板金取付 収まり
屋根の端も板金を折り曲げ加工し、雨が浸入しないようにします。この板金の取り付け方がよくないと雨漏れの原因になるのでとても大切です。

工事完了 養生も忘れません

下屋完成
棟板金を取り付け下屋も完成です。
下屋完成 養生
完成した際に足場がまだあるので、傷つかないよう段ボールなどで養生をしておきます。後日足場を解体して工事完了です。

【工事完了後】

完工 ニチハ横暖ルーフ大屋根
瓦とは違い、軽量化され、すっきりとしたデザインに仕上がります。
オレンジ色の瓦からブラウンにしたことで昔ながらの和風な外観が近代的なモダンな見た目にもなりました。
瓦の時の6分の1以下まで軽量し、かつ断熱効果により、お客様の要望に加え、見た目もよくなったと喜んでいただくことができました。
完工 ニチハ横暖ルーフ壁際
壁際は板金を立ち上げて、雨の侵入を防ぐためコーキングで壁と板金部の境目をしっかり塞いでいます。
完工 ニチハ横暖ルーフ下屋
下屋部分
大屋根同様に重みがなくなりすっきりとしました。
こちらも壁側は板金を立ち上げ雨の侵入を防いでいます。
こちらも壁と板金の境目をコーキングでしっかり塞いでいます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

京都府宇治市でルーガ雅へ葺き替え工事で弊社の働きを見て工事依頼いただきました。

葺き替え前の劣化した日本瓦
葺き替え完工のルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ケイミュールーガ雅
築年数
築年数35年
建坪
40坪
保証
7ねん
工事費用
180万円
施工事例

伏見区で風災で被害のある瓦屋根を陶器平板瓦に葺き替え工事しました

棟瓦
平板瓦
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
三州瓦 イーグルエクサ
築年数
40年
建坪
約45平米
保証
施工保証5年
工事費用
約80万円(足場代除く)
施工事例

京都府宇治市で凍て割れしたいぶし瓦補修工事と棟の積み替え

大棟破損部現地調査
大棟葺き替え完工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
50年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

京田辺市にて青緑瓦の棟積み替え、ラバーロック工事を行いました

青緑瓦切妻棟
青緑瓦棟
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
青緑瓦
築年数
建坪
約17坪
保証
5年
工事費用
8万5千円税抜
施工事例

京田辺市で台風被害を受けたカラーベスト屋根のスーパーガルテクトカバー工事

施工前屋根画像
施工後 スーパーガルテクト
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
スーパーガルテクト シェイドグリーン
築年数
20年
建坪
75平米
保証
5年
工事費用
1,100,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したシングル屋根

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府宇治市に伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「アスファルトシングルで葺いた屋根の破片などが剥がれて落ちてきてお...........

部分葺き替え工事

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「下屋根から雨漏りし始めたから点検して欲しい」です。日程の調整を...........

瓦の葺き替え瓦の撤去

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「築年数40年以上も経過したが、まだまだこの家に住むので葺き替え...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668