オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

京都府精華町で釉薬シルバーからルーガ雅葺き替え火災保険活用


工事のきっかけ

台風の風災害で屋根から塊が落ちてきて漆喰の剥がれに気が付きました。屋根の状態が気になり街の屋根やさん京都南店に調査を依頼しました。
火災保険の申請も通り追加資金で屋根を全面葺き替えリフォームすることになりました。

精華町 屋根葺き替え,火災保険,台風

ビフォーアフター

before
ラバーロック
horizontal
after
851328db1113267034cfc3a68a8c0b8a-after

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,火災保険,台風
施工期間
3日間
使用材料
ルーガ雅
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
5年
工事費用
70万円
建坪
18坪
ハウスメーカー

施工前

台風一過の後お問い合わせをいただきました。
台風が過ぎ去った後、自宅の屋根を見上げると塊のようなものが見えて面戸漆喰の剥がれに気が付きました。
面戸漆喰が剥がれてしまうとそこから雨水が棟の内部にしみ込んで雨漏りの原因に発展してしまうかも知れません。

他にも補修箇所がないか調査して欲しいと街の屋根やさん京都南店に相談がありました。
現場調査を開始します。
漆喰剥がれ
屋根に上ると確かに塊のようなもの、面戸漆喰が剥がれ落ちていました。
漆喰は湿気を外に出し、雨水を中に入れない性質がありますが、漆喰にも寿命があるので10~15年に定期的なメンテナンスが必要です。

ラバーロック
もう少し詳しく屋根の状態を見ていきましょう。
屋根瓦がシーリングで補強されていました。
瓦側面に白いものが流し込まれているのがお判りでしょうか?

シーリングを使用して瓦を固定する方法はラバーロック工法と呼ばれます。
ラバーロック工法は瓦同士が重なる山の部分にL字方にシーリングを打つことで瓦と瓦を固定します。


しかし画像のようにシーリングを隙間なく打ってしまうと屋根に雨水が浸入した際に、雨水の抜け道がなく逆に雨漏りを誘発させかねません。

シーリングを流し込むだけの単純な作業に思えますが、しっかり知識も技術も必要な工法です。


施工開始。

瓦の撤去
屋根葺き替えリフォームの作業開始です。
まずは劣化した釉薬瓦シルバーの撤去作業です。
撤去作業は屋根の一番高いところ棟部から開始します。
屋根から剥がした瓦は屋根からズリ落ちないように裏向きにして向きを揃えて積み上げていきます。
綺麗に揃えて積み上げることで荷卸しの際にバランスよく荷卸し機に積むことが出来て、作業効率が上がります。
丁寧で無駄がない作業を心がけていきます。

屋根下地野地板
瓦をめくった後、葺き土が現れます。
明治から昭和初期に建てられた住宅は土葺き工法が多く採用されていました。
土葺き工法は屋根を重くすることの重みで住宅を安定させる工法でしたが、大きな地震の時に住宅の屋根が大きく揺れてしまい倒壊に至った住宅も多く、現在では葺き土を使わない引っ掛け桟工法が主流です。
瓦をめくった後の葺き土を土埃が舞い上がらないように丁寧に土嚢袋の詰めていきます。

葺き土の撤去と防水シートをめくり、下地野地板が見えてきました。
この下地の上に下地を新設するので不陸(フリク)がないか確認します。
構造用合板貼り
構造用合板を軒先から順に屋根に釘で貼っていきます。
軒先から貼っていき角の隅棟部や、頂点の棟部はその場所のサイズに合わせてカットしながら貼り付けます。
パズルの組み合わせのような感じですね。
改質アスファルトルーフィング施工
下地の新設が終わると、防水シートの施工です。
使用する防水シートは改質アスファルトルーフィングです。
改質アスファルトルーフィングは100㎜づつ重ねながらタッカーで打ち留めていきます。



改質アスファルトルーフィング施工
隅棟部分は棟の反対側に250㎜以上はみ出すように貼った後、1000mmの改質アスファルトルーフィングを両胸に500㎜跨ぐように増し張りします。
強化棟金具
防水シートを貼り終わると強化棟金具を等間隔にセットしていきます。

横桟打ち
引っ掛け桟工法の横桟も等間隔に並べて設置していきます。
軒先には雨に強く朽ちないタフモックを使用します。

軒先は雨の吹き戻りで雨水が浸入しやすく劣化しやすいので合成樹脂のタフモックがお勧めです。

棟金具と横桟
屋根全体に横桟と強化棟金具の取り付けが終わりました。
いよいよ瓦を葺いていきます。

ルーガ雅葺き替えリフォーム

ルーガ雅整列
葺く瓦を葺く場所に順に並べていきます。
今回使用する瓦はKMEW社のROOGA雅(ルーガミヤビ)です。
ルーガ雅は非常に軽量で従来の土葺き工法に比べて重さが1/4程度になります。
屋根を軽量化することで地震に強い耐震構造に住宅が変わります。
ルーガ雅葺き替え
軒先から順に長い釘を打ち固定していきます。
ルーガ雅葺き替え
軒先にはルーガ雅専用の雅用軒先面戸Wを使用します。
瓦の横も90㎜の長い釘を打ち留めていきます。
ルーガ雅葺き替え
軒先から順に瓦を葺いていき、隅棟部は形状サイズに合わせてその場で職人がカットして葺いていきます。

ルーガ雅葺き替え
平面部が葺きあがりました。
綺麗に整列して並んでいるのが分かります。
ルーガ雅葺き替え袖
袖部は袖瓦と言って平面部とは形状が違います。
袖瓦の下には防水シーラーというスポンジを敷き袖からの雨水の浸入を防ぎます。


ルーガ雅葺き替え袖
袖瓦は横からビスで打ち留めます。

棟垂木
棟部の施工に入ります。
設置していた強化棟金具の上に垂木をしっかり固定して棟の強度を高めます。
棟垂木シルガード
棟は湿式工法でシルガードを使用します。
耐久性と防水性に優れています。
白色と黒色があり今回は黒を使用して屋根を引き締めます。
582bcc953007d671ff2f6bb65e8c312c
隅棟大棟と棟全体にシルガードを塗り、垂木に防水シートを貼り棟瓦を被せていきます。
ルーガ雅葺き替え棟三つ又
防水シートの上にルーガ雅をビス止めしました。
棟には標準仕様と高棟使用があります。
今回は標準仕様を使用いたしました。
851328db1113267034cfc3a68a8c0b8a
ルーガ雅葺き替えリフォームの完工です。
ルーガ雅は和を基調としたデザインになっているので横向きに波打ち整ったラインが高級な雰囲気があります。
ルーガ雅は軽く、割れにくい、汚れにくい特徴を持っています。


和風な面持ちの住宅にはとてもお勧めです。



屋根の事なら私たち街の屋根やさん京都南店に是非一度ご相談ください。
屋根の葺き替えリフォームだけでなく雨漏りの修理や部分補修も行っています。
各種保険のお手伝いもさせていただきます。
気軽にご相談くださいませ。

【工事完了後】

ルーガ雅葺き替え

同じ工事を行った施工事例

施工事例

京都府宇治市でルーガ雅へ葺き替え工事で弊社の働きを見て工事依頼いただきました。

葺き替え前の劣化した日本瓦
葺き替え完工のルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ケイミュールーガ雅
築年数
築年数35年
建坪
40坪
保証
7ねん
工事費用
180万円
施工事例

伏見区で風災で被害のある瓦屋根を陶器平板瓦に葺き替え工事しました

棟瓦
平板瓦
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
三州瓦 イーグルエクサ
築年数
40年
建坪
約45平米
保証
施工保証5年
工事費用
約80万円(足場代除く)
施工事例

京都府宇治市で凍て割れしたいぶし瓦補修工事と棟の積み替え

大棟破損部現地調査
大棟葺き替え完工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
50年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

京都府精華町で経年劣化の和瓦からルーガ雅へ屋根葺き替えリフォーム工事

劣化した和瓦
ルーガ雅葺き
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
KMEW社ルーガ雅
築年数
築35年
建坪
18坪
保証
5年
工事費用
70万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したシングル屋根

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府宇治市に伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「アスファルトシングルで葺いた屋根の破片などが剥がれて落ちてきてお...........

部分葺き替え工事

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「下屋根から雨漏りし始めたから点検して欲しい」です。日程の調整を...........

瓦の葺き替え瓦の撤去

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「築年数40年以上も経過したが、まだまだこの家に住むので葺き替え...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668