オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

京都府宇治市でラバーロック工法施工済の屋根(うぐいす色)の雨漏り調査




こんにちは。
街の屋根やさん京都南店の本日のブログは。
京都府宇治市でご依頼を受けた雨漏り調査です。
雨漏りの調査は無料で行っていいますので、気軽にお問い合わせください。


以前にも雨漏りが発生し別業者で補修工事を行ったが、雨漏りが再発してインターネット検索で街の屋根やさん京都南店を発見し、調査の依頼をいただきました。
最近ではインターネット検索で街の屋根やさん京都南店を発見してお問い合わせをいただくことが増えてきて、私たちも大変嬉しいです。

お困りごとがあれば、小さな工事でも伺いますので遠慮なく問い合わせください。


調査するお住いは築年数40年、木造2階建て、30坪のお住いです。






京都府宇治市のお宅に現地調査に伺いました。

京都府宇治市で雨漏り調査依頼。


雨漏りの調査依頼をいただいた京都府宇治市のお宅です。
早速屋根に登り雨漏り調査を行います。

雨漏り調査はで、雨漏りの原因となる箇所を見つけるのはとても難しいです。
雨水は隙間さえあればどこからでも浸透浸水しています。
目視で分かる隙間だけではありません。

目視ではわからない小さの隙間からも、雨水は浸入してくるので雨漏り調査には注意が必要です。





屋根に登って調査開始です。瓦は深緑色の釉薬瓦です。

うぐいす色の釉薬瓦


本日調査する屋根は鴬(うぐいす)色の屋根で、灰色がかかった緑褐色をしています。
粘土瓦に釉(うわぐすり)を塗った釉薬瓦(ゆうやくかわら)で、緑褐色以外にもマットグリーン、アイビーグリーン、織部(おりべ)などがあります。
青銅色の瓦は30年ほど前に流行しました。




織部(おりべ):暗緑色(あんりょんしょく)は黒みを帯びた緑色です。





瓦の状態は綺麗でした。

雨漏り調査。瓦の損傷はありません。

屋根の調査で瓦の状態を確認しましたが、
瓦の状態は良くひび割れや、物が当たって割れたなどの損傷は確認できませんでした。
一体雨漏りの原因は何でしょうか?

続いて屋根裏を調査していきます。





屋根裏の雨漏り調査。雨染みを発見!!

屋根裏の雨漏り調査


屋根裏の雨漏り調査開始です。
瓦を葺く時に下地となる野地板(屋根下地)に雨染みがありました。
屋根の上からわかりませんでしたが、確かに雨漏りが発生しているようです。





屋根裏の雨漏り雨染み

天井板にも雨染みがありました。
広く広範囲に広がっていますね。

屋根から染み出した雨水が天井板に溜まり、水溜まりみたいになって2階室内へ雨漏りしたことで、雨漏りに気付いたという流れですね。





屋根裏の雨漏り調査


天井板にもありましたが、小屋束小屋梁に瓦屋根を固定する葺き土が流出して、砂が溜まっていました。


小屋束:小屋梁の上で垂直方向に立ち母屋を支えている木材です。

小屋梁:屋根と小屋組みの荷重を支える断面の大きな木材です。

葺き土:瓦を屋根に固定するために使用していた粘着性のある土です。







雨漏りの原因は?

過度なラバーロック工法


屋根裏の調査の結果、雨漏りの原因が分かりました。

コーキング処理で瓦を固定して台風や地震などで瓦が飛散しないように固定する施工をラバーロック工法と言います。

この時に使用するコーキング処理が適切に行われなかったため、
屋根に降り注ぐ雨が上手に排水されず、瓦の下に雨水が溜まってしまい2次防水の防水シートも超えて屋根裏に雨水が浸入した雨漏り
でした。







過度なラバーロック工法

ラバーロック工法は適切に行わないと雨漏りを誘発させてしまいます。
コーキング処理によって雨水が流れる隙間が埋まってしまい、瓦の下から排水するハズだった雨水が隙間が無くなって逆流して、瓦の下に溜まってしまう現象です。

隙間を塞ぐと換気も悪くなり、屋根の中に入った雨水も乾きません。
こちらのお住いは築年数40年も経過しているので、防水シートも劣化して防水性能も劣化していたため、屋根裏に雨水が浸入したのでしょう。


このままだと屋根下地も雨水の浸入で腐敗し、屋根を支える木材も影響してしまいます。



瓦の基本性能は台風などの吹き降りの雨で瓦の横から雨水が浸入しても、下側から排出する構造になっています。

屋根の知識が無ければ

「雨水が浸入する隙間を埋めれば雨漏りしない」

「瓦をしっかり固定すれば強風でも飛ばない」

この発想に陥りやすいですね。


この過度なラバーロック工法は一番やってはいけない工法です。

ラバーロック工法は熟練した屋根専門の屋根職人にお願いしてください。

【関連記事】






雨漏り調査結果から、ご提案させていただきました。

雨漏り調査結果。ご提案。



京都府宇治市の雨漏り調査の結果
雨漏りの原因は過度なラバーロック工法はが原因でした。
適切なコーキング処理が行われていなかった為に発生した雨漏りでした。


ご提案として
➀雨水の通り道を作りながらの適切なラバーロック工法のやり直し。
②経年劣化で屋根下地類も劣化していることが想定できるので、葺き替え。
こちら2点をご提案させていただきました。





街の屋根やさん京都南店では

同じ工事を行った施工事例

施工事例

京都府宇治市で谷樋から雨漏りしていた屋根の雨漏り補修工事

施工前の劣化した谷板金
谷板金交換完了
工事内容
屋根葺き直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板谷板金
築年数
築年数30年
建坪
谷樋6メートル
保証
5年
工事費用
30万円
施工事例

京都府宇治市でルーガ雅へ葺き替え工事で弊社の働きを見て工事依頼いただきました。

葺き替え前の劣化した日本瓦
葺き替え完工のルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ケイミュールーガ雅
築年数
築年数35年
建坪
40坪
保証
7ねん
工事費用
180万円
施工事例

京都府木津川市で和瓦からリッジウェイ葺き替えガラスウール仕込み

劣化した和瓦屋根
リッジウェイ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
旭ファイバーグラスリッジウェイ
築年数
50年
建坪
15坪
保証
5年
工事費用
28万円税抜き

同じ地域の施工事例

施工事例

京都府宇治市で谷樋から雨漏りしていた屋根の雨漏り補修工事

施工前の劣化した谷板金
谷板金交換完了
工事内容
屋根葺き直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板谷板金
築年数
築年数30年
建坪
谷樋6メートル
保証
5年
工事費用
30万円
施工事例

京都府宇治市でルーガ雅へ葺き替え工事で弊社の働きを見て工事依頼いただきました。

葺き替え前の劣化した日本瓦
葺き替え完工のルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ケイミュールーガ雅
築年数
築年数35年
建坪
40坪
保証
7ねん
工事費用
180万円
施工事例

京都府宇治市で凍て割れしたいぶし瓦補修工事と棟の積み替え

大棟破損部現地調査
大棟葺き替え完工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
50年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
80万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

部分葺き替え工事

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「下屋根から雨漏りし始めたから点検して欲しい」です。日程の調整を...........

谷樋補修工事

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「棟板金などが飛散したまま放置していて、台風シーズンに入る前に補...........

劣化した棟板金

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府城陽市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「風の強い日に屋根からガタつくような音が聞こえるので一度点検に来...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668