オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

京都府長岡京市で台風被災した賃貸物件のリッジウェイ葺き替え工事


工事のきっかけ

京都府長岡京市の屋根葺き替え施工事例です。
台風で屋根が被災していたことは以前から知っていたが、予算の関係上工事に踏み出せていなかった。
隣の家と連結した屋根であることも懸念要因としてありました。
今回相談した街の屋根やさん京都南店にお見積りを依頼しました。
連結する隣の住人に方にも取り持って説明していただけた事と、火災保険の説明もしていただき、施工をお願いすることになりました。

長岡京市 屋根葺き替え,棟板金交換 カラーベストからリッジウェイに葺き替え

ビフォーアフター

before
棟板金が剥げれ損傷している
horizontal
after
棟板金完工

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,棟板金交換
施工期間
2日
使用材料
旭ファイバーグラスリッジウェイ
施工内容その他
カラーベストからリッジウェイに葺き替え
築年数
25年
保証年数
5年
工事費用
建坪
20坪
ハウスメーカー

現場調査に伺いました。

今回のY邸宅は2件が繫がった連続屋根で、お隣のお住まいは工事をしないとの事でした。

屋根を2分割しての作業になるので、2分割箇所(取り合い部)の雨仕舞(あまじまい)が重要になります。

台風被災したお住まいはまだまだ沢山ありますね。

修繕費用でお困りの方、近隣にお住いの方の事を考え、なかなか修理に踏み込めない方も多いようです。

棟板金剥がれ損傷

現地調査。

屋根に登らせていただきました。

棟の板金が台風でどこかに飛んで行ってしまった様です。

手前の屋根材(カラーベスト)が飛散しています。

他の屋根材をみても色合いが変色していて劣化しているのが目で見て分かります。

棟を止めている釘や、屋根材を止めている釘部分も劣化して腐っているようです。
この状態では次に大きな台風が来たら、残りに屋根材も飛んでいかないか心配になりますね。

屋根材カラーベストめくれ
屋根材が飛散している箇所の拡大です。
屋根材下の防水シートの劣化も気になりますね。
左上のケラバ板金の錆びも気になります。
カラーベストめくれ部拡大

屋根が飛散した箇所を更に拡大すると棟板金を固定している釘が浮き出しています。

これでは釘の隙間の遊びが出来て、吹きかかる風圧で揺れ動きドンドン釘の隙間が拡がり、棟板金がまた飛んで行ってしまいます。

屋根の一番頂点にある棟部は台風等の風や雨を一番受け止める屋根の要となる箇所です。

度重なる風災に耐えてくれた証ですね。

棟板金全体図

屋根部を反対からみた状態です。

棟板金の土台となる貫板(ぬきいた)が水を含み湿気ているのが分かりますね。

カラーベスト亀裂
屋根材のカラーベストも劣化でひび割れしています。
カラーベストの耐久年数はメーカー側でも20年~30年と公表されています。
目安となる年数を過ぎれば雨漏りや表面的な劣化が無くても屋根材の葺き替えがおススメです。
カラーベスト浮き
下地との密着が緩み指が屋根材の隙間に入ります。
建物の揺れにより釘も動き釘穴が拡がっている証拠ですね。
隣の破損した棟板金

コチラは連続するお隣の屋根です。
お隣のお住まいの方が破損状況が大きいですね。

同じ位置に建つお住まいでも方角によって破損状況が変わることがよくあります。
今回のY邸宅の棟板金は隣の棟板金から連なって、飛散した事が分かります。

注意ポイント 連続する取り合い部

連続する取り合い部
上1/3くらいの灰色部と2/3くらいの青くくすんでいる所が、連続屋根の切り離し部です。
連続屋根部

上2/3くらいの灰色部と1/3くらいの青くくすんでいる所が、連続屋根の切り離し部です。




連結する屋根部
お隣のお住まいは今回施工をしないので、屋根を切り離す作業からスタートします。
連結屋根切断
サンダー(電気のこぎり)で慎重にカットしていきます。
今回の作業は足場が組まれていないので、後ろに落ちないように注意が必要です。
屋根職人には屋根職人用のグリップ力の強い屋根専用靴も存在します。
屋根から滑り落ちないように慎重に作業していきます。
連結屋根切断
連続屋根を切り離し、カラーベスト(屋根材)をめくった状態です。
防水シートにも劣化がみられ破れてしまっている箇所もあります。

棟板金解体

棟板金解体
風で飛んで行ってしまった棟板金箇所もやり替えます。
棟板金解体
止めてある釘を抜き棟板金の残りと貫板を撤去します。

突き出した小屋梁を切断

小屋梁切断作業
フラットな屋根のハズですが、小屋を支えている小屋梁が飛び出しているので、屋根勾配の角度に合わせて削っていきます。

小屋梁切断後
削り終わりです。
これで新しい屋根材がフラットにきれいに吹くことが出来ますね。

野地板貼り

構造用合板貼り
野地板(構造用合板)を貼っていきます。
キレイなフラットになっていますね。
どんな仕事でも下地がとても仕上がりに影響します。
見えない箇所もしっかり丁寧に施工していきます。


軒先板金施工
軒先板金板金でしっかり雨仕舞します。
適確に屋根から流れてきた雨水を雨樋に排水するためには取り付け角度も重要になります。

防水施工 アスファルトルーフィング

防水アスファルトルーフィング
軒板金の次はアスファルトルーフィングと言われる防水紙を前面に貼っていきます。
こちらも雨の流れを意識して、軒から棟にむかって順番に貼っていきます。
重なる部分を意識することで雨水の侵入を防ぎます。
防水アスファルトルーフィング
棟部分は両屋根を大きく跨ぐように防水紙を貼ります。
防水紙の重なり方をよく見ると、棟部の防水紙から軒先まで段々に雨水が流れていくのがイメージ出来ますね。
リッジウェイ葺き替え
防水紙の次はいよいよ屋根材を葺いていきます。
今回使用するのがリッジウェイです。
リッジウェイは軽量で耐久性に優れている事が特徴です。
粒状彩色石のグラデーションカラー深みのある表情を屋根に与えます。
仕上がりが楽しみです。

連続する取り合い部板金施工

取り合い部板金施工
切断した屋根部の取り合いを、切断部から雨水が侵入しないように施工していきます。
貫板をしっかり固定し取り合い部板金仕舞いしていきます。
貫板をしっかり固定し取り合い部板金仕舞いしていきます。
[Nukiita o shikkari kotei shi toriai-bu bankin shimai shite ikimasu.]
It will firmly fixed tie-part sheet metal put away the transmural plate.
取り合い部板金施工
貫板をしっかり固定し取り合い部板金仕舞いしていきます。
取り合い部板金施工
隅棟板金の施工後。
雨水の流れを考慮して、キレイに施工出来ています。

棟板金施工

棟板金施工
いよいよ終盤です。
先に葺き終わったリッジウェイのグラデーションがきれいですね

さて屋根の一番上にある棟部の施工に移ります。
コチラも土台となる貫板をしっかりと固定していきます。
棟板金施工
土台となる貫板や棟板金に隙間が生まれないようにコーキングガンでコーキング剤を充填していきます。
棟板金施工
棟板金施工完了です。
キレイに収まっていますね。
袖板金
もちろんケラバ板金の収まりバッチリです。
これで京都府長岡京市で台風被災したお住まいの、カラーベストから旭ファイバーグラスリッジウェイに葺き替え工事は完工です。
今回のように連続屋根や近隣にお住いの皆さんを気遣って施工に踏み切れいていな方も多いようです。
私達京都南店のスタッフがしっかり近隣の住人の方にもご挨拶、施工内容の徹底説明を致しますので、ご安心ください。
台風で飛散した屋根工事などは火災保険が適応するケースもあります。
是非ご相談ください。

【工事完了後】

取り合い板金施工完工

同じ工事を行った施工事例

施工事例

京都府宇治市でルーガ雅へ葺き替え工事で弊社の働きを見て工事依頼いただきました。

葺き替え前の劣化した日本瓦
葺き替え完工のルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ケイミュールーガ雅
築年数
築年数35年
建坪
40坪
保証
7ねん
工事費用
180万円
施工事例

伏見区で風災で被害のある瓦屋根を陶器平板瓦に葺き替え工事しました

棟瓦
平板瓦
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
三州瓦 イーグルエクサ
築年数
40年
建坪
約45平米
保証
施工保証5年
工事費用
約80万円(足場代除く)
施工事例

京都府宇治市で凍て割れしたいぶし瓦補修工事と棟の積み替え

大棟破損部現地調査
大棟葺き替え完工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
50年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
80万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

シングル屋根葺き替え

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「築年数が25年を経過して周りの住宅も屋根の葺き替えなどを行って...........

棟板金解体

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「築年数が30年ほど経過して、現在は雨漏りは発生していないが今後...........

劣化した釉薬瓦

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府宇治市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「天井に雨染みがあるので雨漏りしているかも知れないので見に来て欲...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668