オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

城陽市で経年劣化によりスレート瓦から防災瓦に葺き替えと雨樋交換


工事のきっかけ

近くに住まれている同じ築年数の住居が屋根の葺き替え工事をしており、築28年経った自身の家の屋根も見比べた時に傷みが気になり、経年劣化で屋根の調査依頼がありました。
新築で建てたときに当時の工務店に陶器瓦を希望したが、断られずっと現状のスレート瓦が好みではありませんでした。今回は陶器瓦に変更を希望していたので、ご希望に沿って防災瓦のスーパートライという瓦をご提案させていただきました。

城陽市 屋根葺き替え,雨樋交換 屋根全面葺き替えと雨樋交換

ビフォーアフター

before
スレート瓦の劣化した状態
horizontal
after
棟瓦三角冠

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,雨樋交換
施工期間
5日
使用材料
平板瓦スーパートライ
施工内容その他
屋根全面葺き替えと雨樋交換
築年数
28年
保証年数
5年
工事費用
お問合せください
建坪
30坪
ハウスメーカー
大和ハウス工業
現状はスレート瓦でしたがお客様の希望により陶器瓦に葺き替えを依頼されました。
陶器瓦にも種類がありますが、今回提案した瓦は防災瓦という風害に強い瓦を提案しました。

現場調査

スレート瓦の劣化した状態
めくる前の現調
築28年も経過しているので、瓦の塗膜剥がれ、コケが付着が確認出来ました。
セメント瓦というのは、年数が経つと防水性が弱くなりここまでコケが生えやすくなっている場合は、
ペンキ塗装での仕上げは難しい状態でした。

瓦屋根めくり作業

スレート瓦めくり
既存瓦をめくり剥がしていきます。
今回は雨漏りがありませんでしたが、桟や防水紙に雨がしみ込んでいたのが分かります。
スレート瓦は和瓦と違って湿式工法ではなく、乾式工法なので瓦の下に土はありません。
なので今回の防災瓦も乾式工法で作業をしていきます。
スレート瓦めくり完了
屋根上の既存瓦・土をすべて撤去し清掃後

野地板貼り

構造用合板貼り
地材の上に「野地板」という板を貼って新しい屋根野地を仕上げて行きます
構造用合板貼り完了
野地板をすべて貼り終えました。
次は防水紙貼り施工に移っていきます。

防水紙貼り防水ゴムアスルーフィング

防水紙施工
防水ゴムアスルーフィングで屋根下地を覆います
「防水ゴムアスルーフィング」はその名のとうり屋根の防水の役目があります。
防水紙施工
谷箇所は雨が一番集まる場所なので、
谷は防水ゴムアスファルトルーフィングを2重貼りします。
最初に1枚谷部分に貼った後に上から重ねます。
これで、雨が降っても大丈夫です!
防水紙施工完了
防水ゴムアスルーフィングを全面に貼り終わりました。

桟木と垂木の設置

瓦桟打ち
屋根に取付けた横長の木材は桟木(さんぎ)といい、この桟木(さんぎ)に瓦を引っ掛けて、瓦と桟木(さんぎ)をステンレス釘で緊結させ瓦を葺いていくことから、
引っ掛け桟工法と呼ばれます。専門の屋根職人が丁寧に1枚ずつ作業していきます。
瓦桟打ち
念には念を、強力棟金具も設置、ビス止めしました。
こちらに隅棟、金具を先に止付け、瓦を棟に合わせて斜めにカットしていき、金具の上に垂木を留めつけます。
防災瓦葺き
防災瓦を葺き上げます。

防災瓦拡大図

防災瓦拡大
瓦に爪がありかみ合わせることで風で飛んでいきにくいのが防災瓦の特徴です。
防災瓦拡大
長めの75㎜の釘を使用してしっかり打ち止めます。
防災瓦拡大
風で飛んでいきにくいように
長い釘で2箇所しっかり止めています。
軒先にはセブン釘を使用します。
防災瓦拡大
軒先の瓦は風の影響を受けやすいので、瓦の先の隠れるラップの部分に数字の7の形をしセブン釘で軒の瓦が風で押し上げられないように押さえます。
防災瓦葺き
谷部は瓦をカットしながら葺いていくので、
瓦を正確に谷の形状に合わせてカットしていく技術が必要です。

棟の施工作業

シルガード
棟には土ではなく強度のある南蛮漆喰シルガードを使います。
南蛮漆喰シルガードは防水性も優れているので雨漏り防止になります。
シルガード施工
垂木にシルガード施工している風景です。
棟瓦三角冠施工
棟の仕上がりです。
棟瓦三角冠施工
役物(三つ又)は棟の一番高いところにあるため風害被害を受けやすいのでしっかりビスを固定する。
棟瓦ビス止め
棟瓦には75㎜のステンレスパッキンビスを使用しています。
真上からビスを固定するので隙間からの雨水の侵入を防ぐためパッキンが付いています。

防災瓦葺き完了
キレイに平板瓦が葺き終わりました。
瓦の凹凸のデザインが縦、斜めと綺麗に並んでいる事が分かりますね。
隅棟から平行棟の遠近の立体感がとても美しいです。
次は雨樋の作業に移ります。

雨樋交換作業工程

雨樋交換
軒樋の吊り金具施工
新しい金具を勾配を取りながら設置していきます。

雨樋交換
軒樋を設置した状況です。
手前の集水器に向けて樋に勾配が付いている事が分かります。
雨樋交換
軒瓦と軒樋の設置バランスがとてもきれいに設置出来ていますね。
雨水が軒樋を飛び越えるオーバーフローの心配もありません。
雨樋縦樋交換
集水器の場所は既存箇所で施工しました。
これで今回の施工は完了です。

今回のように周りの住居の施工を見られて依頼されるケースも多くあります。
隣近所の住居は築年数も近いことが多いので、隣近所の屋根の傷みが気になるようなら自宅の屋根も傷んでいるケースもあるので、小さな疑問などでも構いませんので、何でも気軽にご相談ください。

【工事完了後】

防災瓦葺き完了

同じ工事を行った施工事例

施工事例

京都府宇治市でルーガ雅へ葺き替え工事で弊社の働きを見て工事依頼いただきました。

葺き替え前の劣化した日本瓦
葺き替え完工のルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ケイミュールーガ雅
築年数
築年数35年
建坪
40坪
保証
7ねん
工事費用
180万円
施工事例

伏見区で風災で被害のある瓦屋根を陶器平板瓦に葺き替え工事しました

棟瓦
平板瓦
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
三州瓦 イーグルエクサ
築年数
40年
建坪
約45平米
保証
施工保証5年
工事費用
約80万円(足場代除く)
施工事例

京都府宇治市で凍て割れしたいぶし瓦補修工事と棟の積み替え

大棟破損部現地調査
大棟葺き替え完工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
50年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

京都府城陽市でアパートの雨樋全面交換|不動産オーナー所有物件

外れた横樋
新設した横樋
工事内容
雨樋交換
アパート
使用素材
アイアン丸120
築年数
48年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
21万円税抜
施工事例

京都府城陽市で釉薬瓦シルバーからカラーベスト葺き替えと雨樋交換

屋根中谷
屋根中谷
工事内容
屋根葺き直し
雨樋交換
使用素材
カラーベスト
築年数
築43年
建坪
35坪
保証
5年
工事費用
111万円税抜
施工事例

京都府城陽市で経年劣化による屋根をセラフラットⅡーYKでリフォーム

既存瓦めくる撤去作業
セラフラットⅡーYK葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
火災保険
台風
使用素材
セラフラットⅡーYK
築年数
35年
建坪
19
保証
5年
工事費用
102万円足場込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

シングル屋根葺き替え

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「築年数が25年を経過して周りの住宅も屋根の葺き替えなどを行って...........

棟板金解体

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「築年数が30年ほど経過して、現在は雨漏りは発生していないが今後...........

劣化した釉薬瓦

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府宇治市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「天井に雨染みがあるので雨漏りしているかも知れないので見に来て欲...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668