オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

京都府宇治市で経年劣化の雨漏りで屋根修繕を繰り返していた屋根の葺き替え


雨漏り無料点検後、屋根の葺き替えリフォームが決定しました。

京都ふ宇治市で台風被害と経年劣化で雨漏りが発生した屋根の葺き替えリフォーム工事

こんにちは。
街の屋根やさん京都南店の本日のブログは、
瓦の撤去作業です。

京都府宇治市で雨漏りで屋根修繕工事を何度か別の業者で行ったが、雨漏りが再発してお困りのお宅で先日雨漏りの無料点検にお伺いしました。
現地調査の結果をお客様と現地調査写真を見ながら一緒に相談しました。

繰り返す屋根の修繕工事と再発する雨漏り、
部分的な屋根修繕工事でまた雨漏りが再発しても困る。
お客様も疲弊していました。


お求めやすい価格で屋根を修繕する方法を一緒に考えた結果。

経年劣化で屋根の傷みも進行していたので
部分的な屋根修繕工事ではなく旭ファイバーグラスのリッジウェイで屋根の葺き替えリフォームを行うことになりました。



屋根の修繕工事を繰り返した場合、修繕の方法が適していなかったりすると、どんどん雨漏りの原因特定が難しくなってしまいます。


屋根の修繕工事は私たち街の屋根やさん京都南店にお任せください。
ここまでやります無料点検 ⇐是非ご覧ください。


作業前に現状を確認いします。

京都府宇治市で雨漏りした屋根の葺き替え工事現状確認

瓦の撤去作業に入る前に屋根の現状を確認しましょう!

屋根の修繕履歴を確認します。
棟瓦(むねかわら)を台風などの強風で飛んで行かないように補強する銅線。
・瓦同士をシーリングで繋ぎ合わせて固定するラバーロック工法。
別業者で過去に雨漏りの修繕したが改善されなかったようです。

雨漏りが再発した不信感からインターネットで街の屋根やさん京都南店を見付けていただき今回の作業に至りました。


雨漏りは目視だけで雨漏り場所を特定するのは難しいため、原因がわからないまま、瓦を銅線で補強、ラバーロック工法で瓦を補強する業者様も多いようです。





棟瓦(むねかわら)・・・屋根面同士を合わせた時に出来る上部の隙間を塞いでくれる瓦を棟瓦と言います。屋根の形状に合わせて様々な棟瓦が存在します。


シーリング・・・防水性に優れたゴム製のパッキンみたいなもの。取り合い部や目地のところなど活躍する場所は多いです。



ラバーロック工法・・・シーリングを使って瓦同士を繋ぎ合わせます。繋ぎ合わせることで瓦の強度が上がり台風の強風や、地震の揺れにも強くなります。
瓦の隙間を全てシーリングで埋めてしまうのは逆効果です。
※雨漏りの原因に繋がります。

作業前にしっかりとベランダ屋根を養生(ようじょう)します。

京都府宇治市で雨漏り屋根の葺き替えリフォーム養生作業

今回作業するのは土葺き工法の屋根です。
屋根瓦をめくると葺き土が大量に出現します。
ベランダ屋根を汚したり、傷がつかないように瓦の撤去作業に入る前にブルーシートで覆い養生(ようじょう)します。




土葺き工法・・・粘着性のある土(粘土)で瓦を固定す方法。一昔前は土葺き工法が主流でしたが、土葺き工法は葺き土+屋根瓦で屋根の重量が重くなり地震で倒壊するリスクがあるため現在では採用されていません。


養生(ようじょう)・・・周囲に傷がつかないようにシートなど保護すること。
本来のあるべき姿でいられるように保護すること。
人間の場合は健康に注意して元気で入れるように努めること、病気や怪我の回復に努めること。

既存瓦の撤去作業開始。棟瓦(むねかわら)から始めます。

京都府宇治市で棟瓦の解体作業を行います。


養生が終わると瓦の撤去作業開始です。

瓦を撤去する時は屋根の頂点の棟瓦から順番にめくっていきます。
めくった瓦が屋根から滑って下に落ちてしまわないに注意しながらめくります。

土葺き工法の瓦をめくると大量の葺き土が出現します。

京都府宇治市で瓦の撤去作業中

瓦をめくると大量の土が現れます。
土葺き工法で使用していた葺き土です。

土葺き工法は明治から昭和初期頃まで採用されていた工法で、葺き土の土と屋根の重さで住宅を安定させる工法でした。

阪神淡路大震災で屋根が重い土葺き工法の住宅が多く倒壊しました。
土葺き工法の屋根は耐震に弱いことが分かり現在では採用されていません。
現在では葺き土を使わない引っ掛け残工法や、屋根材自体が改良されており軽量化された屋根材が多く開発されております。




葺き土(ふきど)を手作業で土嚢(どのう)に詰めます。

京都府宇治市で瓦の撤去作業葺き土の袋詰め作業

大量に出現した葺き土は土埃などが舞い上がり
近隣の住民の方の迷惑にならないように手作業で丁寧の土嚢袋に詰めていきます。

軒先瓦一枚だけ残し葺き土やホコリが屋根の下に落下するのを防ぎます。




軒先瓦(のきさきかわら)・・・軒先にある瓦で屋根平面部の一番下の部分です。



京都府宇治市で屋根葺き替え工事劣化した防水シート


葺き土を取り除いていくと古びた昔の防水シートが現れます。
防水シートは経年劣化や太陽による熱などの環境の変化でも劣化して穴が開いてしまいます。
瓦の寿命より防水シートの寿命の方が短いことを理解しておく必要があります。
2次防水の防水シートに穴が開くと雨漏りが発生してしまいます。

雨漏りが発生した場合の屋根修繕では、表面的な1次防水の瓦の修繕が主となってしまいます。
2次防水の防水シートは瓦をめくってしまわないと、わからないからです。





撤去作業の最終地点ようやく屋根下地が出てきました。

京都府宇治市で屋根の葺き替え工事屋根下地野地板

劣化した防水シートを撤去すると、
屋根下地の野地板(のじいた)が出現します。



野地板・・・屋根の下地の事で屋根の垂木という骨組みの上に設置してあります。



新しく葺く屋根の厚みが違うので屋根下地の嵩(かさ)を調整します。

京都府宇治市で屋根葺き替え工事嵩調整


今回の葺き替えでは
厚みのある和瓦の厚み薄いとリッジウェイでは
葺き替える屋根材の厚みが違うので嵩(かさ)を調整する必要があります。

●-で記しているのが嵩調整木材です。
同時に屋根の不陸(ふろく)も確認します。



不陸・・・平面ではなく凸凹した状態。





新しい屋根下地で屋根を補強します。

京都府宇治市で屋根葺き替え工事構造用合板貼り

不陸調整が終われば新しい野地板を設置します。
使用するのは構造用合板です。
構造用合板(こうぞうようごうはん)は建築資材でもあり、外壁や内装でも使用されています。
構造用合板を貼ることで屋根の下地が補強され屋根の強度が向上します。


構造用合板・・・薄い板を重ね合わせ強度を増した合板です。






京都府宇治市で屋根葺き替え工事軒先唐草取り付け

構造用合板を一面に貼り終わると軒先に軒先唐草(のきさきからくさ)を取り付けます。

棟から軒先に到達した雨水を確実に雨樋に落とすために取り付けます。
唐草の上に次の手順の防水シートを施工することで軒先から軒天への雨水の浸入を防ぎます。





軒先唐草(のきさきからくさ)・・・軒先に設置する水切り板金の事を言います。
軒先から軒天への雨水の浸入を防いでくれています。




新しい防水シート改質アスファルトルーフィングで屋根を覆います。

京都府宇治市で屋根葺き替え工事防水シート改質アスファルトルーフィング


軒先に取り付けた軒先唐草に重なるように軒先から防水シートを100㎜以上重ねながら屋根一面に施工していきます。
棟部は250㎜以上反対側の屋根に折り返すように施工します。
使用しているのは改質アスファルトルーフィングです。



改質アスファルトルーフィング・・・耐用年数20年程度と耐久性に優れた防水シートです。アスファルトルーフィングに合成ゴムや合成樹脂を加え改良したものです。




京都府宇治市で屋根葺き替え工事防水シート改質アスファルトルーフィング


屋根一面に改質アスファルトルーフィングを貼り終えました。
棟部は左右から250㎜折り返すように改質アスファルトルーフィングを貼った後、幅1000㎜程度の改質アスファルトルーフィングで増し張りします。


以上で本日の作業は終了となります。



街の屋根やさん京都南店

同じ工事を行った施工事例

施工事例

京都府宇治市で凍て割れしたいぶし瓦補修工事と棟の積み替え

大棟破損部現地調査
大棟葺き替え完工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
50年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
80万円
施工事例

京田辺市にて青緑瓦の棟積み替え、ラバーロック工事を行いました

青緑瓦切妻棟
青緑瓦棟
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
青緑瓦
築年数
建坪
約17坪
保証
5年
工事費用
8万5千円税抜
施工事例

京都府宇治市で経年劣化したスレート屋根のカバー工法を行いました。

劣化したスレート屋根
スーパーガルテクトカバー工法
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築年数25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
お問い合わせください。

同じ地域の施工事例

施工事例

京都府宇治市で谷樋から雨漏りしていた屋根の雨漏り補修工事

施工前の劣化した谷板金
谷板金交換完了
工事内容
屋根葺き直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板谷板金
築年数
築年数30年
建坪
谷樋6メートル
保証
5年
工事費用
30万円
施工事例

京都府宇治市でルーガ雅へ葺き替え工事で弊社の働きを見て工事依頼いただきました。

葺き替え前の劣化した日本瓦
葺き替え完工のルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ケイミュールーガ雅
築年数
築年数35年
建坪
40坪
保証
7ねん
工事費用
180万円
施工事例

京都府宇治市で凍て割れしたいぶし瓦補修工事と棟の積み替え

大棟破損部現地調査
大棟葺き替え完工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦
築年数
50年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
80万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

駐輪所屋根修理

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「ドラッグストアのお客様駐輪場の板金が飛散してしまい、雨が降ると...........

雨漏りしている住宅

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現地調査と現場ブログです。京都府宇治市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「雨漏りが染みてきて内装のクロスが剥げれてきている」で...........

谷板

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日は城陽市での谷板板金交換の屋根修理をご紹介致します。少し見えにくい角度ですが、劣化して錆びている状態になっております。このまま放置しますといずれ板金に穴が空き雨漏れリスクが上がってしまいます。です...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668