オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

京都府宇治市で凍て割れしたいぶし瓦補修工事と棟の積み替え


工事のきっかけ

屋根から瓦や白い塊が落ちてきて困っていると、京都南店にお問い合わせがありました。
現地調査に伺いました。
瓦が凍て破れ(寒気で凍り付き割れてしまった瓦)ていたり、棟部分の面戸漆喰が剥がれ落ちていました。
白い欠片の正体は面戸漆喰の欠片でした。
京都南店に施工をお願いした決めたは、細かな部分までの写真を見せながら説明してくれた事。
これから起こり得るあらゆる可能性を説明してくれた上で最善と思われる方法を提案してくれた事。
相見積もりをしていた他業者よりも資料、説明が丁寧だったので京都南店さんに決めました





宇治市 屋根補修工事,屋根葺き替え,棟瓦取り直し,漆喰詰め増し

ビフォーアフター

before
大棟破損部現地調査
horizontal
after
大棟葺き替え完工

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,屋根葺き替え,棟瓦取り直し,漆喰詰め増し
施工期間
3日
使用材料
いぶし瓦
施工内容その他
築年数
50年
保証年数
5年
工事費用
80万円
建坪
50坪
ハウスメーカー

現地調査にお伺いしました。

京都府宇治市の築50年の木造住宅です。
屋根から瓦の欠片と、白い欠片が落ちてくると問い合わせがあり伺いました。
現場調査
深い軒先の立派にお宅です。
雨の多い日本では屋根の水掃けが重要で、深い軒が雨が風で吹き込みを防いでくれます。
軒が深いと外壁にかかる雨風での負担が少なく外壁も長持ちします。
近年の都市型物件では隣接する住宅との距離が取れずに軒の短い住宅が増えています。
外壁には杉板も使用されています。
現場調査
実際に屋根に上り調査して行きます。
下屋根(2階建て住宅の1階の屋根)の棟部分です。
真ん中の灰色部が漆喰です。
劣化でひび割れています。漆喰自体の寿命は一般的に20年と言われています。
今回にM邸宅は築50年なので、築年数から考えると長持ちした漆喰です。
左下の瓦も良く見ると欠けているのが分かります。

現地調査
雑草の種子が雨、風、鳥などに運ばれ棟部に雑草が生えています。

現地調査
降り棟の鬼瓦部の漆喰が剥がれ落ちています。
現地調査
降り棟と隅棟部の取り合い箇所。
漆喰が剥がれ棟の瓦の土台となる葺き土が見えています。
現地調査
降り棟と隅棟部の取り合い箇所。
のし瓦が割れています。
現地調査
降り棟と隅棟部の取り合い箇所。
漆喰が劣化して瓦との間に隙間が出来ています。
現地調査
外壁の杉板部です。
水に強い杉も築50年ともなると劣化みられ板の反り返りがあります。

現地調査
杉板上の雨押えとの取り合い部も腐食が進んでいます。
現地調査
杉板下の雨押えとの取り合い部も腐食が進んでいます。
現地調査
杉板と下屋根の取り合い部にも瓦が割れている箇所がありました。

現地調査
下屋根棟部です。
立派な高さのある棟ですね。
のし瓦7段と鴈振り瓦1段の8段の高さのある立派な棟です。
1番上の瓦がズレているの分かりますね。
現地調査
下屋棟と外壁の取り合い部の漆喰も割れ剥がれています。
現地調査
屋根平面部。
いぶし瓦の劣化での変色と割れている瓦も見受けられます。
現地調査
棟部のおいあて瓦が凍てついて割れています。
瓦が凍てついて割れるとは、何かがあたって割れたとかではありません。
瓦は土で出来ているので経年で水分を含み季節が寒くなると瓦に含まれた水分が膨張し瓦が避けるように剥離して割れてしまいます。
これを凍て割れと言います。
現地調査
土瓦のいぶし瓦も凍てつき割れやめくれが生じています。
現地調査
おいあて瓦の損傷が複数あります。
現地調査
屋根平面部。
後にbefore写真で使います。
現地調査
のし瓦の損傷箇所。
面戸漆喰も劣化で剥がれ落ちています。
現地調査
おいあて瓦の割れと面戸漆喰の剥がれ箇所も
複数箇所見られます。
IMG_3181-e1593869175565
この鬼瓦はお施主様の意向でこのまま残します。

着工開始です。

棟部破損全体
まずは下屋根の棟部分の撤去作業に取り掛かります。
棟瓦撤去作業
棟部の撤去作業。
鴈振瓦、のし瓦をめくると瓦の土台となる葺き土が表れます。
土葺き工法は土の重さを利用して屋根瓦を葺く工法です。
昭和20年以前に建てられた住宅の瓦屋根には土葺き工法が採用採用されている事が多いです。
棟瓦撤去作業
奥に見える鬼瓦はそのまま残します。
棟瓦撤去作業
連続する下屋根部の棟部も撤去していきます。
いぶし瓦葺き直し
新しく葺き土ひいてから凍てつき割れで損傷していた、おいあて瓦を葺いていきます。
おいあて瓦は軒から棟に向かって順番に葺いていった頂点部分で最終的な高さを調整する瓦になります。
なので高さに応じて瓦を切断して高さ調整します。
いぶし瓦葺き直し
反対側のおいあて瓦も葺き終わりました。
頂点に土の見える隙間が無くなっていますね。
いぶし瓦葺き直し
連続する下屋根棟棟部もおいあて瓦を葺いていきます。
いぶし瓦葺き直し
棟のし瓦漆喰
おいあて瓦が終わると面戸漆喰とのし瓦土台の施工です。
面戸漆喰はシルガードより強度が強く長持ちします。
職人の手技で面戸漆喰の面をキレイに仕上げていきます。

棟のし瓦漆喰
のし瓦1段目
今回施工する棟は8段で1日で施工してしまうと、重みでのし瓦がズレてしまうため3日間わたって乾燥させながら順番に積み上げていきます。
のし瓦2段目
漆喰を足しながらのし瓦土台2段目に入ります。
のし瓦3段目
葺き土と漆喰を詰めながらのし瓦を順番に目地が交互になるように積み上げていきます。
いぶし瓦差し替え
凍て割れしていた土瓦も差し替えました。
雨押え補強
ひび割れしていた漆喰箇所も新たに漆喰で補修していきます。
雨押え箇所の補修。

面戸漆喰詰め直し
隅棟部のひび割れしていた面戸漆喰箇所も新たに漆喰で補修していきます。


壁プリント合板施工
劣化した杉板部はプリント合板を上貼り施工と、外壁雨押え部ののし瓦も積み直しました。
雨押えは既存の雨押えを使用します。
棟瓦施工完工
棟の1番上に鴈振り瓦を積み上げ8段の棟が仕上がりました。

棟瓦施工完工
連続する下屋根棟は5段で仕上げました。
これで今回の凍て割れしたいぶし瓦補修工事、棟の葺き替え、面戸漆喰の剥がれ補修工事が完工しました。

【工事完了後】

大棟葺き替え完工

同じ工事を行った施工事例

施工事例

京田辺市にて青緑瓦の棟積み替え、ラバーロック工事を行いました

青緑瓦切妻棟
青緑瓦棟
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
青緑瓦
築年数
建坪
約17坪
保証
5年
工事費用
8万5千円税抜
施工事例

京都府宇治市で経年劣化したスレート屋根のカバー工法を行いました。

劣化したスレート屋根
スーパーガルテクトカバー工法
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築年数25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
お問い合わせください。
施工事例

向日市にて経年劣化で穴の開いた谷板金の入れ替え工事を行いました

谷板金
谷板金
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
3階建て
使用素材
ガルバリウム鋼板谷板金
築年数
22年
建坪
保証
5年
工事費用
9万1千円税抜

同じ地域の施工事例

施工事例

京都府宇治市で谷樋から雨漏りしていた屋根の雨漏り補修工事

施工前の劣化した谷板金
谷板金交換完了
工事内容
屋根葺き直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板谷板金
築年数
築年数30年
建坪
谷樋6メートル
保証
5年
工事費用
30万円
施工事例

京都府宇治市でルーガ雅へ葺き替え工事で弊社の働きを見て工事依頼いただきました。

葺き替え前の劣化した日本瓦
葺き替え完工のルーガ雅
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ケイミュールーガ雅
築年数
築年数35年
建坪
40坪
保証
7ねん
工事費用
180万円
施工事例

京都府宇治市で経年劣化したスレート屋根のカバー工法を行いました。

劣化したスレート屋根
スーパーガルテクトカバー工法
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築年数25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
お問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

駐輪所屋根修理

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現場ブログです。京都府八幡市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「ドラッグストアのお客様駐輪場の板金が飛散してしまい、雨が降ると...........

雨漏りしている住宅

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日のブログは現地調査と現場ブログです。京都府宇治市にお伺いいたしました。インターネットで検索していただきお問合せをいただきました。ご依頼の内容は「雨漏りが染みてきて内装のクロスが剥げれてきている」で...........

谷板

こんにちは。街の屋根やさん京都南店です。本日は城陽市での谷板板金交換の屋根修理をご紹介致します。少し見えにくい角度ですが、劣化して錆びている状態になっております。このまま放置しますといずれ板金に穴が空き雨漏れリスクが上がってしまいます。です...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら京都南店にお問合せ下さい!
9時~20時まで受付中!!
0120-659-668